【大阪・劇団・演劇】iaku(いあく)
劇作家・横山拓也

次回公演

あたしら葉桜
「葉桜」(原作・岸田國士)同時上演

2020.
4/17fri~5/10sun

東京Tokyo

2020年4月17日(金)~4月26日(日) 
三鷹市芸術文化センター 星のホール

大阪Osaka

2020年5月8日(金)~5月10日(日)
インディペンデントシアター2nd

作・横山拓也
演出・上田一軒
出演・林英世、松原由希子(匿名劇壇)

2020年2月7日(金)チケット発売開始

詳細はこちら

これまでの記録

「あつい胸さわぎ

「胸、触ったろか?」
「やめてや、恥ずかしい」

2019年初演

大学生の娘とその母の二人暮らし。それぞれの恋愛、仕事、将来、命、そして、親子が向き合うということを、ささやかな暮らしを通して描く。

see more

逢いにいくの、雨だけど

許すとか、許さないとか、
そういうのはなくて。
僕は、目のことは
僕自身が受け入れただけだから。

2018年初演

幼なじみに負わせたケガのせいで、何もかもが歪んでしまった。あれから長い月日が経ち、あの人は今どうしているだろう。あの事故にまとわりつく罪や遺恨は、きっとどこまでいっても終わりはない。

see more

「ハイツブリが飛ぶのを

ほんまはわかってんねんで、私も。
ハイツブリは、もう渡って来おへんって。

2017年初演

降灰で白く霞んだこの地で一人、汽夏が夫(秋切)の帰りを待っている。噴火の被害に遭った八人の遺体を埋めた。読経の代わりに思い出の歌をうたおうとしたが、思い出せない。次の冬まで汽夏の体は持つだろうか。

see more

「粛々と運針

お前、いつからお母さんのこと
「おふくろ」って呼んでんの。

2017年初演

チクチクと針を運ぶ。チクタクと進む秒針。2つの無関係な家庭を縫い合わせてみる。

see more

「walk in closet

「お母さんは
あんたの味方でいたいねんやんか」
「味方って何。
敵なんかおらんかったのに。
今の今まで」

2015年初演

「息子が同性愛者かもしれない」と勘づいた母親の視点から、セクシャル・マイノリティと家族について描く。

see more

「あたしら葉桜

あーちゃん、
私が普通に結婚して、
子供産んで、
おばあちゃんになれたら
最高の人生やったのにね。

2015年初演

娘の結婚相手について、歯切れの悪い母の思い。岸田國士「葉桜」を大胆にリライトして、現代的に作り上げた。

see more

「車窓から、世界の

ここで起きた人身事故も、
駅一つ離れたら「迷惑」
でしかなかったんかな。

2014年初演

舞台は駅のホーム。2週間前、女子中学生3人がこのホームから列車へ飛び込んだらしい。列車を待つ教師やPTA役員。ガールスカウトが主催する「お別れ会」に向かう途中。ショッキングな事件の後の風景。

see more

「流れんな

見え透いてるくらいが
ちょうどええんちゃうん。
ほとんど見えへんねんから。

2013年初演

貝毒の発生で名物タイラギ漁が休止した港町。流しきれない数多の問題を抱えたある姉妹と地域の一日。

see more

「目頭を押さえた

枝打ちの事故で亡くなった人を
穢れだって言って、
その喪屋に置くんだよ。
そういう場所なんだよ。

2012年初演

忘れられた伝統葬儀、廃れた因習、名ばかりの喪屋、女子高生が撮る遺影、後継者のいない林業…この土地に生きる無名人たちの肖像。

see more

「人の気も知らないで

はねられた後、
後続車に踏まれた
右腕の損傷が激しくて、
肘から先、
切断する手術したんです。

2012年初演

春の日曜日の午後。交通事故で入院している同僚を見舞った帰りのカフェ。気分はダウナー。思った以上に彼女の治療痕がショッキングだったから。

see more

「仮面夫婦の鑑

俺の整形はお前とは違う。
ちょっと落としてんねんから。

2011年初演

夫に黙って美容整形を施した妻。それに怒った夫は、同じクリニックで醜男に整形した。歪な夫婦の容姿を巡る議論劇。

see more

「エダニク

この建物の堀を超えた途端、
どうしてウチの豚は
モノになっちゃうんですか?

2009年初演

この壁を越えると、生物はモノになる。モノを食べ物にする職人たちの尊さ。屠場における生命と労働のドラマ。

see more

ページ上部へ戻る