お前、いつからお母さんのこと
「おふくろ」って呼んでんの。

作・演出:横山拓也

〈東京公演〉
2017年6月2日(金)~6日(火) 新宿眼科画廊 スペース地下
〈大阪公演〉
2017年6月9日(金)~11日(日) インディペンデントシアター1st


はじめまして

iakuは2012年に劇作家の横山拓也が大阪で立ち上げた演劇ユニットです。iakuでは、徹底的にセリフ・会話にこだわった作劇を目指しており、関西弁口語を用いたディスカッションの積み上げによって「人物」や「事象」が浮き彫りにされるドラマを作っています。今回は2015年秋以来の長編新作を製作します。過去、iakuでは、ひとつの場所、ひとつの時間軸で、ほぼ暗転を入れずに描き切る作品を多く作ってきました。一ヶ所に約90分間、登場人物を留めて、無理なく会話させ、ドラマをつくり、カタルシスを迎えることは、案外簡単ではなく、作家の力量が問われます。その枷に挑み、楽しみに変えて劇作してきましたが、同時にこのスタイルに固執することは、演劇の自由度や豊かさを端から放棄することになってしまうのではないか?という問いも突き付けられます。自身の持ち味やiakuの作風を生かしながら、演劇的チャレンジを求めて、本作では、iakuとして新たな境地を目指したいと考えています。その実験精神を物語るかのような小さい会場での上演です。濃密なやりとりをお楽しみいただけましたら幸いです。


TOP


作品紹介

チクチクと針を運ぶ。チクタクと進む秒針。
2つの無関係な家庭を縫い合わせてみる。

イントロダクション

築野家。弟と二人で母を見舞う。病室で母から紹介されたのは、「金沢さん」という
俺たちの知らない初老の紳士。親父が死んだあと、親しい仲らしい。膵臓ガンを告知された母は、
金沢さんと相談の結果、穏やかに最期を迎えることを選んだという。まだ治療の可能性はあるのに。
なんだよ尊厳死って。誰だよ金沢さんて。

田熊家。平均寿命くらいまで支払いを続けたら自分のものになる小さな一軒家を去年購入。
その家のどこかで子猫の鳴き声がする。早く助けてあげたいけど、交通事故で頸椎を痛めた夫は
ケガを理由に探してくれない。私は、お腹に新しい命を宿しているかもしれないのに。
不思議。この話の切り出し方が分からない。

平凡な生活の内に潜む葛藤を、周到な会話で描き出すiakuの新たな試み。

作・演出:横山拓也より

いつのまにか弟が僕のことを「アニキ」と呼んでいることに気づいた。学生時代は確かに「お兄ちゃん」と呼んでいた弟が、いつ「アニキ」なんて不良(!)な言葉を獲得したのだろうか。人生は、自分が主人公の物語である。僕の人生における弟は、当然のことながら僕の弟役で登場しているわけだ。僕は、他の人が主役を張る物語の中で、どんな「役」を担っているだろうか。時に、アニキ役であり、長男役であり、夫役であり、劇作家役であり、かわいい後輩役であり、都合の良い友人役であり、よく来るお客さん役であり、通りすがりのおじさん役であったりする。無数に役柄を演じさせられているもんだ。僕の正体はなんだ?弟とは、母親とは、妻とは…、みんな何者なのだろうか。


TOP


公演情報

※開演の30分前より受付開始・開場 ※上演時間は約85分を予定しています
※開演いたしますとご入場を制限させていただく場合があります。時間に余裕を持ってお越しください

※開演45分前より受付開始、30分前より開場 ※上演時間は約85分を予定しています
※開演いたしますとご入場を制限させていただく場合があります。時間に余裕を持ってお越しください


TOP


チケット

※U-22は22歳以下の方が対象です
※U-22、高校生以下の方は年齢の確認できるものを受付にてご提示ください
※未就学児入場不可


TOP


キャスト

スタッフ

舞台監督:新井和幸、北島康伸
音響:星野大輔(サウンドウィーズ)
照明:岡田潤之
照明オペレーター(東京):中西美樹
ドラマトゥルク:上田一軒
文芸協力:カトリヒデトシ
宣伝美術・webデザイン:下元浩人(EIGHTY ONE)
写真:堀川高志(kutowans studio)
当日運営(東京):佐藤美紘
制作協力(東京):北澤芙美子 (大阪):寺井ゆうこ
宣伝:吉田プロモーション
制作:笠原希(ライトアイ/iaku)
製作:iaku
助成:芸術文化振興基金


TOP

お問い合せ

ライトアイ
06-6647-8243(11時~19時)
http://righteye.jp

iaku
info.iaku@gmail.com


最新情報